社判の作成方法について

社判だけに限りませんが、印鑑を作成する時には大きく分けると2つの種類の作成方法が存在しており、手彫りと機械彫りがあります。それぞれの作成方法でどちらを選択すればいいのか迷っている人もいるでしょう。会社にとって社判は妥協できないものとなるので、作成方法は重要です。ここでは手彫りと機械彫りの特徴について話します。

まず耐久性での特徴について話しますが、機械彫りの作成方法は深く削ることができないので、基本的には浅く彫って作るのが特徴的です。しかし、浅くしてしまうとその分欠けやすくなり、耐久面は劣ると言われています。それに比べて手彫りは深く彫ることができますし、それによって欠けにくく、長期にわたって綺麗な印影を保つことが可能だと言われています。法人印は長く使用しなければならないものなので、なるべく手彫りを選んだ方がいいでしょう。

続いて安全面で考えたときの特徴ですが、機械彫りの場合は同じ文字を削った時に仕上がりが統一されるので、きれいな仕上がりになります。その反面、仕上がりが同じだと偽造などに遭う可能性も考えられます。手彫りは一つひとつ手作業なので全て統一に仕上がるということはありません。一つひとつ個性のある印鑑を作り上げることができるので、偽造などもしにくく安全性が高くなります。