ビジネスシーンで用いられる印鑑について

これから通販を利用して印鑑の購入をしようと思っている人も多いかと思いますが、実際に通販で取り扱っている印鑑の種類は様々です。その中でも社判の購入について考えている人もいるのではないでしょうか。まず、ここではこれから購入を考えている人のためにも社判とはどんな印鑑なのかについてを説明します。

社判とは簡単に説明をすると手続きなどで求められる印鑑で、会社や団体などで使うことが多い印鑑の総称として使われています。社判以外にも会社印や法人印と呼ばれることもあります。社判とひとくくりで呼ばれていますが、実際に社判は丸印や角印が存在していますし、会社名や住所などが彫られているゴム印なども存在しています。これら全てを社判と呼ぶこともあり、細かく分けると何のことかわからないという人もいます。しっかりと社判について理解をするためにも種類についても説明します。

まず丸印についてですが、これは簡単に説明をすると印面が丸く作られており、主に実印や銀行印として使われることが多いタイプの印鑑です。会社の中でも最も大切な印鑑になるので大切に保管しておくことが重要です。続いて角印ですが、これは印面が四角く作られているタイプの印鑑です。基本的には会社の認印と呼ばれることが多く、例えば請求書や見積書など様々な場面で使用されます。会社によってはゴム印で作っているところも多いと言われています。

このように大きく分けると2つの種類があり、それぞれ使われる用途は異なります。このサイトでは社判の購入について色々と説明をします。