通販を利用して社判を購入しよう

社判を作成する際には大きく分けると通販と実店舗の二種類の方法が存在しています。どちらも魅力的な部分はありますが、その中でも利用者が多いと言われているのが印鑑通販専門サイトでの購入です。実際にこれから通販で購入を検討している人もいますが、購入にあたって大切なことはいくつかあるので、ここでは通販で購入する際のポイントを教えます。

まず、1つ目に大切になるのがどのくらいの種類の書体があるのかということです。印鑑に使用される書体は複数存在していますが、通販サイトによって対応の有無が異なります。なるべく自分の好みの書体を選ぶためにも、どのくらい対応してくれるのかは重要になるので、選ぶときには書体の種類について確認しておくといいでしょう。

続いて2つ目は出荷のスピードの速さです。例えば会社設立をするにしても印鑑が必要になりますが、早く会社設立をしたいのに印鑑の到着が遅いとなかなか次に進むことができません。出荷のスピードは重要になるので、早く対応してくれる通販サイトがどうか作成を依頼する前に調べておくことが大切です。

このように、通販を利用する時のポイントについて話しましたが、2つとも重要な部分になるので失敗しないためにも参考にするといいでしょう。

社判の作成方法について

社判だけに限りませんが、印鑑を作成する時には大きく分けると2つの種類の作成方法が存在しており、手彫りと機械彫りがあります。それぞれの作成方法でどちらを選択すればいいのか迷っている人もいるでしょう。会社にとって社判は妥協できないものとなるので、作成方法は重要です。ここでは手彫りと機械彫りの特徴について話します。

まず耐久性での特徴について話しますが、機械彫りの作成方法は深く削ることができないので、基本的には浅く彫って作るのが特徴的です。しかし、浅くしてしまうとその分欠けやすくなり、耐久面は劣ると言われています。それに比べて手彫りは深く彫ることができますし、それによって欠けにくく、長期にわたって綺麗な印影を保つことが可能だと言われています。法人印は長く使用しなければならないものなので、なるべく手彫りを選んだ方がいいでしょう。

続いて安全面で考えたときの特徴ですが、機械彫りの場合は同じ文字を削った時に仕上がりが統一されるので、きれいな仕上がりになります。その反面、仕上がりが同じだと偽造などに遭う可能性も考えられます。手彫りは一つひとつ手作業なので全て統一に仕上がるということはありません。一つひとつ個性のある印鑑を作り上げることができるので、偽造などもしにくく安全性が高くなります。